プラセンタ美容液で美白対策

プラセンタ美容液で美白対策

プラセンタ美容液や化粧品でシミ対策をする場合をまとめましたが、特定のシミに対してだけではなく、顔や肌全体に対する美白について、プラセンタの効果をまとめてみましょう。

 

美白の本当に意味は、その人の肌細胞本来の状態にリセットすることです。
無理な漂白などではなく、本当の美しさを手に入れるためには、やはりプラセンタが一番なのです。

 

メラニンを追い出す

メラニンは本来、放っておけば自然に肌表面まで押し上げられて、剥がれ落ちて無くなるものです。

 

このはたらきが滞ることで顔全体が暗くなり、印象がボヤケた感じになってしまうのが、いわゆる「くすみ」の状態ですね。くすみ肌を拡大して見ると、古い角質がこびりついて、表面がデコボコになっている場合が多いのですが、これをプラセンタでしっかり取り除いてあげることで、やがて肌の内部のメラニンもきちんと体外へ捨てられることになります。

 

メラニン過剰生成をストップ

肌にはメラニンを分解処理する能力がありますが、そのキャパシティを超えてメラニンが過剰生成されると、いくら排出しても追いつかないことになります。

 

これが色素沈着を呼び、シミを作る原因になります。プラセンタは、メラニンを作り出す時にはたらくチロシナーゼという酵素が活性化するのを抑え、過剰にメラニンを作らないように導いてくれます。

 

また、抗炎症作用により、肌に刺激を与えてメラニンを作り出す仕組みを抑えてくれます。

 

メラニンを黒化させない

肌には活性酸素が生まれる仕組みがありますが、何かの刺激がストレスとなると、肌の中に活性酸素が作られてその刺激やストレスに対抗するようになっています。ただ、この活性酸素はとても攻撃的で、過剰に作られてしまうと今度は自分の肌細胞を攻撃し始めてしまいます。

 

それに対抗してメラニンが産生されると肌が黒化してしまいますので、まさに悪循環ですね。プラセンタにはこの活性酸素が過剰にならないように抑制するはたらきがありますので、悪循環を断って美白に導いてくれるのです。

 


 
原液・美容液 クリーム 化粧品・化粧水