プラセンタ美容液でほうれい線対策

プラセンタ美容液でほうれい線対策

女性が抱えやすい肌の悩みについて、詳しく見ていきましょう。
まずは悩み多き「ほうれい線」です。

 

30歳近くなったら顔をチェック!

ほうれい線というのは、鼻の両ワキから口角へ向けて左右対称に伸びるシワのことです。
これがあるだけで女性も男性も顔の若さがグッと減り、いかにも年齢を重ねた人という印象になります。

 

ドラマや映画で若い人が歳を取った役をする時には、このほうれい線を必ずと言っていいほど強調するメイクをしますね。それだけに、「年齢顔」の代表格とも言える厄介なシワなのです。

 

でも25歳を過ぎれば誰にでもこのほうれい線の魔の手は伸びてきます。
まだ大丈夫などと思っていると、ある日突然自分の顔にびっくりすることになりかねません。

 

ほうれい線は何故出来る?

この厄介なほうれい線、どうしてずっと同じような生活をしているのに突然出来てしまうのかと言えば、原因は紫外線と乾燥、そして表情筋の衰えです。紫外線は、毎日しっかり日焼け止めで対策しなければいけませんし、楽しいアウトドアも残念な結果を生む場合があります。

 

20歳を過ぎたら特に念入りにUVカットを心がけましょう。

 

そして通常の生活をしていても、洗顔や入浴で肌の水分が失われるとほうれい線が出来やすくなります。
化粧水や美容液は毎日たっぷり与えること、ここでプラセンタ配合のものを使えば更に効果的です。

 

対策は補給とエクササイズ

ほうれい線を作らない・無くす対策には、必要な要素の補給と表情筋のエクササイズが有効です。
美容液や化粧品はアンチエイジングの救世主、プラセンタ配合のものを選びましょう。

 

年齢が進むと成長ホルモンがあまり分泌されなくなるので、ハリが失われてシワが出来やすくなります。
プラセンタの補給で足りない分を補いましょう。

 

エクササイズは、口を閉じたままベロをぐるぐると回す運動が効果的です。

 

また、ずっと無表情でいると頬に肉がつき、ほうれい線が余計に目立ったりフェイスラインの崩れにもつながりますので、笑ったりお喋りしたり、豊かな感情表現をする人でいたいですね。


 
原液・美容液 クリーム 化粧品・化粧水