プラセンタの種類

プラセンタの種類

プラセンタは、胎盤からの抽出物ですが、そもそも胎盤とは妊娠した母体にしか存在しません。
美容液や健康食品などに使われているプラセンタとはどんなものなのでしょうか。

 

多くの商品に豚・馬・羊のプラセンタが使われています。

 

中には植物性のプラセンタもあるのですが、植物性プラセンタには成長因子が存在しないため、美肌効果はあっても細胞活性効果はありません。

 

そこで、多くの方が馬や豚や羊などの動物性プラセンタを美容に取り入れているのですね。

 

プラセンタを美容に取り入れている方の多くは、「ハリが無くなった」、「乾燥肌がきになる」、「お肌の弾力を取り戻したい」、「アンチエイジングしたい」等のお悩みを抱えています。

 

最近は、アミノ酸含有量が高い「馬プラセンタ」にも人気が集まっているようです。馬のプラセンタは、サラブレッドの胎盤を利用するため、とても希少価値が高いそうです。

 

ヒトプラセンタは、人間の胎盤から抽出したものですが、市販されている美容液や美容ドリンクには含まれていません。ヒトプラセンタは、医療機関で、肝臓病や更年期障害などの治療やシミ・シワ・ニキビ等にも使われています。

 

外国では、出産した女性が胎盤を食べる週間があるそうですし、野生動物でも胎盤を食べることがありますね。胎盤はそれだけ、生命活動に良い影響を与えています。


 
原液・美容液 クリーム 化粧品・化粧水