プラセンタ美容液でたるみ対策

プラセンタ美容液でたるみ対策

年齢が進んだ女性はフェイスラインの崩れを感じやすくなります。

 

太ってしまったとか、むくんでいるという場合もありますが、特にそうした変化もないのになんとなくシルエットがぼやけてくる場合、肌にたるみが出て来ている可能性があります。この悩みについて、詳しく見ていきましょう。

 

伸びたまま戻らない!?たるみの原因

風船に空気を入れてパンパンにした後空気を抜いても、元の状態には戻りません。
まさにこの状態が肌で起こるのがたるみの原因です。

 

これは肌の柔軟性や弾力性が格段に失われている証拠。

 

20歳前まではそんなことはなかなか起こりませんが、新陳代謝の低下によってだんだん肌のやわらかさや跳ね返すチカラが弱くなり、ついには全体的なたるみにつながってしまうのです。

 

対策は真皮から

肌の奥にある真皮には、コラーゲンやエラスチンという繊維成分があり、これがベッドのスプリングのように弾力性を持っています。きちんと細胞分裂していれば、常に新しい繊維で支えられていますので、多少のダメージも跳ね返しますし、重力に負けることもありません。

 

でも年齢を重ねると代謝が悪くなり、充分な弾力を持てないくらい緩んでしまいます。真皮の約75パーセントはたんぱく質ですから、しっかり肌全体を支えてくれるチカラを補給する必要があります。

 

プラセンタ補給と生活改善

たるみに対抗するには、まず紫外線を予防する、タバコを吸わない、睡眠を良く取るなどの生活習慣を見直すことが必要ですが、年齢によって低下してしまった代謝のチカラを補うにはプラセンタ美容液や化粧品でサポートしてあげることも大切です。

 

真皮にきちんと栄養が行くように、身体の中からも肌からもバックアップしてあげましょう。
また、ほうれい線同様、表情筋を鍛えるエクササイズも効果的です。

 

たるみには特に首からあごにかけての筋肉も大きく影響されますので、猫背でパソコンのモニタやスマートフォンの画面を見続けるような姿勢はやめて、しっかりスッと首を伸ばすクセをつけることも効果的です。

 


 
原液・美容液 クリーム 化粧品・化粧水